入れ歯はどうやって作っているのでしょうか

>

入れ歯を使う日常生活について

入れ歯での生活を始める

初めて入れ歯を使用する場合、歯茎に痛みを感じることがあります。
それは、徐々に慣れるにつれて、痛みはなくなりますが、何か月もかかる場合もあります。
不快感や話にくいと感じても時間がたてば、顎や歯茎にフィットしていきます。
入れ歯安定剤を使うと、入れ歯が安定しますし、細かい食べかすが入り込むのを防ぐことができます。
また、熱いものを感じにくいので熱いお茶などは少し冷ましてから飲み、咀嚼ができるようになるまで、柔らかい食べ物から試しましょう。
しかし、長期間不快感を感じるようであれば、調整の必要があるかもしれません。
自分に合う入れ歯にすることが必要ですので、歯医者に相談してはいかがでしょうか。
食事が苦痛になってしまうと、食が細くなり、体力や免疫力が低下しますし、しゃべらなくなると口の機能も低下してしまいます。

入れ歯の手入れ

腔内にプラークが付着していると、入れ歯にも付着してしまいます。
プラークには、細菌が含まれており、炎症を起こしてしまう可能性があります。
入れ歯は入れ歯専用のブラシで、やわらかい部分は、スポンジで清掃しましょう。
細菌の除去には、入れ歯洗浄剤を使用します。
入れ歯は、アクリル樹脂で作成されていますので、乾燥すると変形してしまいますし、衝撃に弱いので落下しないように気を付けましょう。
清掃は、毎食後、就寝前に行います。
就寝時は、特に細菌が繁殖しやすいですので、必ずはずして、保管します。
保管は、清潔な水を入れた専用の容器を用意し、水は毎日とり替えます。
入れ歯は、毎日咀嚼などによって、負担がかかっていますので、定期的に検査を行う必要があります。


この記事をシェアする