入れ歯はどうやって作る?

入れ歯はどうやって作っているのでしょうか

入れ歯の作り方を調べてみよう

保険内での入れ歯を作成するのは、素材や方法には制限があります。 劣化しやすかったり、嚙み合わせや違和感など問題が発生する場合もあります。 プラスチックでできたレジンと呼ばれる土台に人工の歯を並べていきます。 費用は安いですが、壊れやすいため、強度を上げるための厚みに違和感があるようです。

保険対象外での入れ歯の作成

保険対象内と保険対象外の自費診療を比べると。費用の負担を考えると保険対象内を選んでしまいそうですね。 しかし、そのメリットについて考えてみるとその選択肢は増えるかもしれません。 材料や設計方法や手間など費用以上の納得できる入れ歯治療であればどうでしょうか。

入れ歯を使う日常生活について

入れ歯を使うのは不安に思う気持ちはありますが、多くの人は以前を同様に充実した楽しい日々を送っています。 最初は、少し慣れないかもしれませんが、フィットしてくると気にならなくなります。 入れ歯を1日1回は丁寧に洗浄し清潔な状態に保てば、長く使えます。

保険内での入れ歯の作成

一生自分の歯が残っていれば、入れ歯の必要はありませんが、虫歯や歯周病で歯が抜けてなくなってしまうと入れ歯を使用しなければなりません。
もし歯がなくなればどうなるのでしょう。
食べ物を噛むことが出来なくなりますので、胃腸の調子が悪くなったり、噛まないで食べるためつい食べ過ぎてしまうと、肥満や高血圧など生活習慣病の原因になることもあります。
話をするにも発音がむづかしくなります。
抜けた歯の隙間には食べ物が残ってしまうため、虫歯や歯周病になりやすくなります。
残りの歯が、歯のない部分に移動したり負担がかかり過ぎると歯並びも悪くなり顎や顔がゆがんでくる場合もあります。
現在80歳で20本以上歯を持っている人は、24%ほどといわれています。
85歳以上になると7割近くの方が総入れ歯を使用しています。
しかし、多くの方は入れ歯を使用することによって日常生活を通常に行うことができ、毎日食事やおしゃべりを楽しんでいます。
初めて入れ歯を作るのは、不安に思うかもしれませんが、使い心地のいい入れ歯を作ることはとても大切なことです。
入れ歯の質によって顔の見た目も大きく変わってきます。
自分の口に合うものを作るためには、何度も歯科医院に通い、調整していきます。
歯の状況は、人によって違いますので時間をかけて嚙み合わせのための型取りをしていかなければなりません。
では、入れ歯を作る流れ、どのようにして作るのか、どれ位時間がかかるかについて調べてみましょう。